株式会社日立ハイテクフィールディング

業界
 
キーワード
 

会社情報

写真:株式会社日立ハイテクフィールディング

ハイテク製品専門の        技術サービス会社

お客様、また社会の抱える課題・ニーズに対し、絶えず新たな価値を創出し続けることで、社会の発展に貢献する日立グループ。

私たちは、その日立グループの中でハイテク製品に特化した技術サービス会社です。「ユーザーであるお客様のことをよく理解し、お客様のニーズをくみ取ってお応えするプロフェッショナルが必要不可欠」との考えから1965年に生まれた技術サービス会社が、日立ハイテクフィールディングなのです。

当社はお客様が使用される装置の安定稼動を守るだけでなく、お客様のビジネスや研究がさらに加速するような技術サービスを提供すること。半導体工場では「半導体製造・評価装置」、研究所では「電子顕微鏡」、医療現場では「医用機器」など、さまざまな領域に不可欠な性能を最大限に引き出す調整や、お客様一人ひとりのニーズに合わせた技術サービスの提案、技術コンサルタントを行っています。

写真:機械マニア&回路マニアよ、集まれ?! 最先端装置に触れられるのが、当社「サービスエンジニア」

機械マニア&回路マニアよ、集まれ?! 最先端装置に触れられるのが、当社「サービスエンジニア」

先端研究からものづくり、人々の生活や命に関わる分野まで、幅広い領域のお客様に高度な専門技術サービスをご提供するのが当社の「サービスエンジニア」。
国内・世界各地のお客様と「直接」接し、お客様の抱える課題や、日々変化する多様なニーズに、その都度オーダーメイドに近い形でお応えするのが特長です。

ノーベル医学・生理学賞のオートファジー研究装置や惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの微粒子分析への技術支援、人や動物の血液分析、現代の生活に欠かせない半導体の製造、薬品や食品の品質管理、上下水道の安定稼動など、サービスエンジニアの活躍するフィールドは多岐にわたります。

写真:人が財産。充実した教育制度で成長をサポート

人が財産。充実した教育制度で成長をサポート

当社では、入社後1年をかけて新人研修を行っています。
内容は、取り扱い装置の動作原理・設計の背景・使用環境など装置に関する網羅的な知識を習得する講座、製造から出荷検査までの流れを学ぶ製品実習、先輩に同行してサービスの現場を体験するOJT、そしてお客様とのコミュニケーション力を高めるための「顧客対応力強化」などのプログラムまで様々。
これらを通じて、サービスエンジニアの基礎を身に付けます。

もちろん、2年目以降も、管理職になっても教育はたっぷり。一人ひとりの成長をサポートする教育制度を整えています。

<特徴>先輩や上司とも『気軽に話ができる関係』

どんなに忙しくても、後輩が質問したら先輩は丁寧に教えてくれる、先輩もつい教えちゃう、それが当たり前の風土。
若手でも先輩や上司にしっかりと意見を伝えられるのが、当社の特長です。
ちなみに、休日は、異なる部署のメンバーで築地に行ってお寿司を食べたり、ゴルフに行ったり、温泉旅行に行ったり……!
テニス部やスキー部の活動も活発で、楽しくOFFを過ごしているメンバーも多数。

会社の雰囲気を知りたい方は、ぜひ当社のインターンシップへ足を運んでみてください!

基本情報

プロフィール 私たちはメーカーでも商社でもない、技術サービス専門会社。
お客様は、科学・産業そして人々の暮らしを進化させ、最先端分野の技術をリードする多様な企業、研究機関・医療機関・教育機関など、国内・海外各地にいらっしゃいます。

お客様が使用される日立グループ製の理化学機器・計測機器を安定稼動させることはもちろん、
お客様のご要望に沿って装置が最大限の機能・性能を発揮するよう技術サービスをご提供し、
お客様のビジネスや研究の発展を支えています。
ここが会社の自慢 <研修が充実>
当社では、入社後1年をかけて新人研修を行います。
取り扱い装置の動作原理・設計の背景・使用環境など装置に関する知識、
製造から出荷検査までの流れを学ぶ製品実習、先輩に同行してサービスの現場を体験するOJT、
そしてお客様とのコミュニケーション力を高める為の「顧客対応力強化」など様々。
新人教育だけでなく2年目以降~管理職まで様々な研修を通して個々の成長につなげています。
企業理念 グローバルに『迅速で完璧なサービス』を提供し、CSナンバーワンの企業をめざします
戦略・ビジョン 当社は、世界の最先端分野を牽引する日立ハイテクノロジーズグループの中核企業として、各種分析装置をはじめ、研究開発・産業・医用・半導体製造関連など、幅広い分野の装置やシステムの保守およびメンテナンスサービスを行っており、創業以来積み重ねてきた高い技術力と豊富なサービスノウハウ、IT技術を駆使し、お客様のビジネスの今を支え続けています。

お客様の装置・システムの能力を最大限に発揮させ、常に最高のコンディションでお使いいただく。私たちはこの使命を果たすべく、国内40ヵ所に拠点を構え、お客様に寄り添いながらサービスを展開しています。

「グローバルに『迅速で完璧なサービス』を提供し、CSナンバーワンの企業をめざします」との理念を掲げ、お客様のニーズをいち早く捉え、日常の装置メンテナンスにとどまらず、アプリケーション支援やソリューションサービスなど、新しくより付加価値の高いサービスを提供していきます。

さらに、企業の社会的責任を全うする良き企業市民として、コンプライアンスを重視し、あらゆるステークホルダーから信頼される企業であることをめざしてまいります。
事業内容 当社はお客様が使用される装置の安定稼動を守るだけでなく、お客様のビジネスや研究がさらに加速するような技術サービスを提供すること。
半導体工場では「半導体製造・評価装置」、研究所では「電子顕微鏡」、医療現場では「医用機器」など、さまざまな領域に不可欠な性能を最大限に引き出す調整や、お客様一人ひとりのニーズに合わせた技術サービスの提案、技術コンサルタントを行っています。
設立 1965年4月1日
代表者 代表取締役社長 佐野 耕士
本社郵便番号 160-0004
本社所在地 東京都新宿区四谷四丁目28番8号
本社電話番号 03-5379-2311
資本金 10億円
売上高 499億3,000万円(2018年3月期)
従業員 841名(2018年3月末時点)
事業所 国内40ヵ所(2018年3月末時点)
沿革 1965年 日製産業(株)(現(株)日立ハイテクノロジーズ)から資本金1,000万円をもって、日立計測器全般のサービス業務を行う日立計測器サービス(株)として分離独立計装工事業務を開始
製品の据付、試運転、定期検査業務を開始
1971年 医用自動分析装置のサービス業務を開始
1972年 科学機器部品の輸出を開始
1974年 科学機器部品の販売を開始
1978年 半導体製造装置のサービス業務を開始
1984年 輸入計測器のサービス業務を開始
1985年 情報機器システムのサービス業務を開始
1995年 ISO9002認証取得
1998年 ISO14001認証取得
2004年 半導体異物・外観検査装置サービス業務の移管を受ける
2006年 商号を(株)日立ハイテクフィールディングに変更
2010年 電話応対窓口を本社「お客様サポートセンタ」に一元化
2015年 創立50周年を迎える
平均年齢 44.5歳(2018年3月末時点)
平均勤続年数 20.0年(2018年3月末時点)
平均所定外労働時間(前年度実績) 30.7時間(2018年3月末時点)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.9日(2018年3月末時点)
前年度の育児休業取得対象者数 女性4名 / 男性19名(2018年3月末時点)
前年度の育児休業取得数 女性6名 / 男性0名(2018年3月末時点)
社会貢献活動 ●提携校である新宿区立花園小学校を対象にした「理科学習支援」を行っています。
光学顕微鏡と日立卓上顕微鏡を使用して試料の作成から操作・観察までを観察するなど、実際の観察・実験を通じて緑の大切さを伝えてゆくと共に、自然界の神秘・科学技術のすばらしさを体験学習する機会を提供しています。

●また、「緑化支援運動」として、国が推進している分収造林制度を利用し、国有林(茨城県)に木を植えて育て、森林保護・環境保護を推進するプログラム“HISCOの森”を計画ております。
URL https://www.hitachi-hightech.com/hfd/

PAGE TOP