三井化学株式会社

業界
化学業界 
キーワード
化学、触媒 

会社情報

写真:三井化学株式会社

あらゆる産業にすそ野が広がる可能性に満ちた会社です

みなさんは化学会社にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

三井化学では、研究部門、製造部門、販売部門が一体となり、あらゆる産業に製品を提供し、社会を支えています。化学の素材は、あらゆる産業にすそ野が広がっていき、どれも、グローバルにスケールが大きなビジネスへとつながっていきます。そのため、三井化学のビジネス展開は幅広く、世界でトップシェアの製品が多くあります。

社内には可能性を秘めたビジネスの種が無限大にあり、それを世の中に広げて、新しい価値を生み出していくことが社会貢献につながります。三井化学では毎日、個性豊かで、タイプの異なるさまざまな社員が、それぞれのフィールドで新しい価値創造に挑戦しています。自主性と個人の裁量が重視される三井化学の土壌では若い才能と能力が最大限発揮されます。

私たちが求めるのは、「主体性」を持ち、自ら考え、行動し、結果が出せる変革人材です。
世界を舞台に、強い個性と技術力で、世界を一緒に変えていきませんか?

基本情報

プロフィール 三井化学は、自動車材料を中心とした「モビリティ」、メガネレンズ用材料、歯科材料、不織布等の「ヘルスケア」、農薬、包装材料等の「フード&パッケージング」を当社グループ成長のターゲット事業領域と定めグローバル展開しております。当社の一員として一緒に挑戦し、成長しませんか?
企業理念 当社は、総合化学メーカーとしてこれまで社会を支えてきました。ウレタンや基礎化学品(フェノール、高純度テレフタル酸)など大型市況品を製造販売する基盤素材領域に加え、新たに成長を牽引するターゲット領域としてモビリティ、ヘルスケア、フード&パッケージングの3領域を設定し、これらの領域に研究開発テーマを重点化しています。
現在、メガネレンズ材料で世界1位のシェア。自動車材PPコンパウンド事業で世界2位のシェアを誇るなど日本だけでなく世界中で人々のくらしを豊かにしています。
戦略・ビジョン 化学産業は、気候変動対応のためのグリーンハウスガスの排出量削減、再生可能エネルギーの開発、人口の飛躍的拡大に伴う食糧確保、高齢化対応といった地球規模での社会課題の解決に向けソリューションを提供できる産業であり、革新的な新製品や効率的な技術開発を通じて、社会課題に対して果たすべき役割が非常に大きい産業です。三井化学ではこうした社会課題の解決に自社の技術を活かし、社会貢献を実現すると同時に事業の拡大を図っています。具体的には、「モビリティ」領域では、自動車の軽量化を通じた温暖化ガスの削減、「ヘルスケア」領域では、高齢者向けの新型のサポーター等を通じた高齢化社会への貢献、「フード&パッケージング」分野では、食品を長持ちさせる包装フィルム「スパッシュ」の普及を通じたフードロスの削減などに取り組んでいます。
事業内容 【モビリティ事業】
エラストマー、機能性コンパウンド、機能性ポリマー

【ヘルスケア事業】
ヘルスケア材料、パーソナルケア材料、不織布

【フード&パッケージング事業】
コーティング・機能材、包装フィルム、産業用フィルム、機能シート、農業化学品

【基盤素材事業】
フェノール、PTA・PET、工業薬品、ポリウレタン材料、石化原料、ライセンス
設立 1997年10月1日
代表者 代表取締役 社長 淡輪 敏
本社郵便番号 105-7122
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
本社電話番号 03-6253-2260
資本金 1251億2560万円
売上高 1兆2123億円(2017年3月/連結)
従業員 13423名(2017年3月/連結)
事業所 本 社:東京(汐留)
工 場:千葉(市原・茂原)、愛知(名古屋)、大阪(高石)、山口(岩国)、福岡(大牟田)
支 店:名古屋、大阪、福岡
研究所:千葉(袖ケ浦)
海 外:アメリカ、ドイツ、シンガポール、中国、インド、ブラジル、スイスなど
URL http://jp.mitsuichem.com/career/index.htm

PAGE TOP