藤倉化成株式会社

業界
化学工業 
キーワード
化学、素材、塗料、樹脂材料 

会社情報

写真:藤倉化成株式会社

革新的な技術開発に挑み、市場の先駆けとなる製品を開発する化学メーカー

当社は、塗料や樹脂材料といった、素材・中間材料を主要製品としている化学メーカーです。
なじみが薄い事業を行っていますが、実は皆さんが普段使っている様々な製品の一部として、身近なところで使われています。
たとえば、自動車や化粧品容器、家電製品、パソコン、スマホ、コピー機、戸建住宅…目立つ会社ではありませんが、縁の下の力持ちとして、世の中を支えています。

現在は塗料と樹脂材料を軸に5つの事業を展開し、塗料は表面を彩るとともに保護や防汚などの特殊機能を付与し、 樹脂材料は創業以来の基幹技術を発展させてその用途を広げています。

基本情報

プロフィール 当社は創業80年を迎える化学系BtoBメーカーで、塗料や樹脂材料を主要製品としています。様々な最終製品の一部として使われており、自動車や住宅、化粧品容器、各種電子機器など、皆さんが日常的に使用している物を通じて、世の中を陰で支えています。
ここが会社の自慢 研究開発に注力しており、従業員の1/3近くが研究開発職であり、売上高の10%ほどを研究開発費として使用しています。
企業理念 ともに挑み ともに繋ぐ
常にお客様目線で上質な価値を創出する
戦略・ビジョン 【行動指針】
私たちは、全ての仲間と手を取り合い、創出する喜びを分かち合います。
私たちは、失敗を恐れず、常にチャレンジャーであり続けます。
私たちは、お客様と誠実に向き合い、信頼される存在を目指します。
私たちは、こだわりと思いやりをもって、心地良さの実現を追求します。
私たちは、法とその精神を守り、安心・安全なものづくりを約束します。
事業内容 アクリル系樹脂材料の合成技術を基幹技術に、塗料の配合・分散技術を応用した事業展開を進めています。

・コーティング事業
製品:プラスチック用コーティング材
市場:自動車部品、家電製品、化粧品容器、ホビー用品など
・塗料事業
製品:住宅外壁用塗料
市場:新築戸建住宅、住宅リフォーム工事
・電子材料事業
製品:導電性塗料
市場:電子部品、電子機器など
・化成品事業
製品:樹脂粉、樹脂溶液
市場:粘着剤、プリンタトナー、壁紙、成型材料など

海外展開も積極的に行っており、連結での海外売上高比率は50%ほどです。
設立 1938年9月22日
代表者 取締役社長 加藤 大輔
本社郵便番号 105-0011
本社所在地 東京都港区芝公園2-6-15 黒龍芝公園ビル
本社電話番号 03-3436-1103
資本金 53億円
売上高 574億円(2018年3月期連結)
従業員 397名(2018年3月末単体)
事業所 本社事務所:東京都港区
鷲宮事業所(開発研究所):埼玉県久喜市
佐野事業所(工場):栃木県佐野市
名古屋営業所:愛知県東海市
久喜物流センター:埼玉県久喜市
関連会社 フジケミ東京(東京)
フジケミ近畿(大阪)
フジケミカル(福岡)
藤光樹脂(東京)
海外関連会社 レッドスポット(アメリカ)
フジケムソネボーン(イギリス)
上海藤倉化成塗料有限公司
藤倉化成佛山塗料有限公司
藤倉化成塗料天津有限公司
フジクラカセイタイランド
フジクラカセイコーティングインディア
フジクラカセイインドネシア
フジクラカセイマレーシア
フジクラカセイベトナム
主な取引先 旭化成建材、旭化成ホームズ、いすゞ自動車、市光工業、一条工務店、イノアックコーポレーション、NECトーキン、カルソニックカンセイ、京セラ、京セラクリスタルデバイス、京セラドキュメントソリューションズ、小糸製作所、三協立山アルミ、シャープ、信越ポリマー、GSIクレオス、スタンレー電気、セイコーエプソン、積水化学工業、積水ハウスリフォーム、ソニー、デクセリアルズ、大真空、大日本印刷、立川ブラインド工業、帝国通信工業、TDK、デンソー、東海理化、東京電波、巴川製紙所、豊田合成、トヨタ自動車、トヨタ東日本、日本電波工業、パナソニック、日野自動車、ファルテック、フジクラ、富士通、富士フイルム、本田技研工業、ミサワホーム、村田製作所、吉野工業所、リコー、YKK
平均年齢 40.4歳(2018年3月末時点)
平均勤続年数 15.9年(2018年3月末時点)
平均所定外労働時間(前年度実績) 18.3時間(2017年度)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.4日(2017年度)
前年度の育児休業取得対象者数 4人(2017年度)
前年度の育児休業取得数 4人(2017年度)
URL http://www.fkkasei.co.jp/

PAGE TOP